婚活・恋活パワーアップ
婚活力向上navi

遊びではない真剣なパートナーに出会いたい。そんな人にどこで出会えばいいのか分からない。

出会っても相手の気持ちが分からない。そんな人の悩みを解決するための情報をまとめています。

真剣に付き合えるパートナーを探している人のためのサイトです。

婚活力向上navi HOME

結婚詐欺の手口と対策

出会いをつくる
婚活・恋活サイトの選び方
婚活パーティ攻略法
合コンで出会う
趣味・習い事で出会う
地域別出会い情報
地域別街コン情報
婚活神頼み!
5分で分かる神々の物語
神様のご紹介
神社参拝の基本
縁結び神社一覧
婚活トラブル対策
クーリングオフについて
結婚詐欺
ストーカー問題

結婚詐欺の手口と対策

結婚詐欺とは、結婚するとウソをついて相手からお金などをだまし取ったり、返す気がないのに、お金を借りたりすることを言います。結婚したいと強く思っている被害者は、断ると結婚できなくなると考え、お金などを貸したり、あげたりしてしまうというわけです。

結婚詐欺の多くは、本人確認の必要のない無料の出会い系サイトなどで起こっています。

本人確認書類の提出が義務付けられている結婚情報サービスなどは比較的安全と言えます。

しかし、日常生活で知り合った相手から結婚詐欺の被害に遭うこともあり、婚活をする以上は結婚詐欺師の手口や対策は知っておきたいところです。

結婚詐欺師の手口は?

結婚詐欺は被害者がお金を持っていなければ成り立たないため、結婚詐欺師はその点を確認してきます。

例えば、「将来の夢はなに?」と聞き、その質問に答えると、「そのために貯金はしているの?」と聞いてきたりします。また、自分がお金に困っていることを臭わせ、相手の反応をうかがったりします。

あるいは、住んでいる家や持ち物を見て支払い能力を見極め、被害者が支払えそうな金額を要求してきたりします。

結婚詐欺師の特徴は、知り合ってから比較的短期間のうちに、結婚をちらつかせお金を要求してくるという点があります。

自分がお金に困っているから詐欺をはたらくわけですから、詐欺師は早くお金がほしいと思っているわけです。

男女間の交際において、お金の話ができるようになるには、通常それなりの時間がかかるものです。二人の関係がまだ熟していないようなときにお金の話をしてきたら、まずは疑ってみることが必要です。

対策は?

結婚詐欺の厄介なところは、詐欺であることの証明が難しいということです。結婚詐欺師が、「結婚するつもりだったが、気持ちが変わった」と言ってしまえば、結婚意思が初めからなかったことを証明することは、非常に困難になります。

したがって、結婚詐欺を完全に封じる唯一の対策は、お金を渡さないことです。知り合ってからの期間や二人の関係の円熟度などにもよると思いますが、「お金を貸してくれ」と言ってきた時点で、その人との関係を絶ってしまうしかありません。

しかし、そう簡単にはいかないものです。恋愛となるとどうしても冷静さを失い、馬鹿げた話を信じてしまうものです。

そこで、仕方なくお金を貸すのであれば、お金を貸したことを証明する契約書を作っておきましょう。相手の本人確認書類を確保することも必要です。公正証書で作成しておけば、借金の返済がない場合に、公正証書を使って強制執行することができますが、公正証書の作成にはお金がかかりますので、自作の契約書でもいいと思います。また、可能であれば、契約をするときには誰かに立ち会ってもらいましょう。

しかし、実際には交際相手に「契約書を作ってくれ」と言うことは難しいものです。

それでも相手を信じてお金を貸したいというのであれば、現金で手渡しするのではなく、必ず振込などの証拠が残る方法を利用しましょう。

振込を利用しても、貸したお金なのか、贈与したお金なのかを判断することはできません。しかし、相手へのお金の譲渡があったことについては証明することができます。

現金で手渡しした場合には、「金は受け取っていない」と言われ、まずそこから証明しなくてはならなくなりますが、振込などであればその点はクリアーでき、「貸したお金か贈与したお金か」の問題だけで済みます。

ちなみに

結婚するとウソを言われて肉体関係をもっても、詐欺罪は成立しません。詐欺とは、「人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得る」ことで成立する犯罪です(10年以下の懲役)。合意の上で肉体関係を持っただけでは、強姦罪などの他の犯罪も成立せず、体をもてあそばれて終わりになってしまいます。

「婚前交渉」などという言葉があった時代には、このようなケースで、女性が男性に慰謝料を請求することができる場合もあったようですが、現在では、女性が結婚前に複数の男性と関係をもつことは珍しいことではなく、慰謝料を請求するのは難しいと思われます。



トップ