婚活・恋活パワーアップ
婚活力向上navi

遊びではない真剣なパートナーに出会いたい。そんな人にどこで出会えばいいのか分からない。

出会っても相手の気持ちが分からない。そんな人の悩みを解決するための情報をまとめています。

真剣に付き合えるパートナーを探している人のためのサイトです。

婚活力向上navi HOME

クーリングオフ

出会いをつくる
婚活・恋活サイトの選び方
婚活パーティ攻略法
合コンで出会う
趣味・習い事で出会う
地域別出会い情報
地域別街コン情報
婚活神頼み!
5分で分かる神々の物語
神様のご紹介
神社参拝の基本
縁結び神社一覧
婚活トラブル対策
クーリングオフについて
結婚詐欺
ストーカー問題

クーリングオフとは

クーリングオフとは、一定の期間、理由を問わず、無条件で、申し込みの撤回や契約の解除ができる制度のことです。

クーリングオフは、全ての契約に適用されるわけではありませんが、一定の結婚情報サービスには適用され、一定の場合には契約を解除することができます。

クーリングオフをすることができる結婚情報サービス

クーリングオフをすることができる結婚情報サービスは、「結婚を希望する者への異性の紹介」と定義されています。

したがって、結婚相談所、結婚紹介所、結婚情報サービスなど名称を問わずクーリングオフすることができます。

また、紹介状形式、パソコンや携帯電話で検索する形式、パーティ、お見合い、イベントなど、相手を紹介する方法も問いません。

ただし、支払金額が5万円を超える場合であり、サービスの提供期間が2カ月を超えるものでなければ、クーリングオフをすることはできません。

クーリングオフの対象

結婚情報サービスの会員契約について、クーリングオフをすることができることは上記のとおりですが、入会に関連して購入した商品についても、クーリングオフをすることができる場合があります。

クーリングオフできる商品は以下の通りです。

・真珠並びに貴石及び半貴石
・指輪その他の装身具

なぜ、このような規定があるかといいますと、入会金替わりに宝石類の購入を勧める事業者が過去に多く存在したためです。

クーリングオフができる期間

クーリングオフはいつでもできるものではなく、期間が決められています。。

結婚情報サービス(結婚相談所、結婚紹介所なども含みます)事業者は、客と契約を締結したときは、一定の事項を記載した契約書を客に交付しなければならないとされています。

クーリングオフは、この契約書を受け取った日から、受け取った日も含めて8日以内に行わなければならないとされています。

クーリングオフの方法

クーリングオフは必ず書面で行う必要があります。書面の種類は問いませんが、通常のはがきなどではなく、内容証明郵便を使って行った方が確実です。

クーリングオフの効果

クーリングオフをすることによって契約は解消されます。すでに利用した分のサービス代金の支払義務もなく、違約金や損害賠償を支払う必要もありません。

まとめ

以下の@〜Dの全ての条件を満たしている場合にクーリングオフをすることができます。

  1. 結婚を希望する者へ異性を紹介するサービスであること
  2. 支払金額5万円超
  3. サービス提供期間2カ月超
  4. 契約書受領日から受領日を含めて8日を経過していないこと
  5. クーリングオフの意思を書面で発信すること

※@〜Bを満たす結婚情報サービスと関連して購入した真珠並びに貴石及び半貴石、指輪その他の装身具であること

契約日を含めて8日間という期間は、忙しく生活しているとあっという間です。解約しようかどうか悩んでいるうちに、このくらいの時間は経ってしまうものです。また、一般の人は内容証明郵便を利用したことはほとんどなく、内容証明郵便の作成自体が大変です。弁護士や行政書士などの専門家に依頼する方法もありますが、8日間しかないため事実上は依頼している時間もない場合が多いでしょう。

じっくりと検討してから入会し、クーリングオフを利用しなくても済むように心がけましょう。

内容証明郵便の書き方 >


トップ