婚活・恋活パワーアップ
婚活力向上navi

遊びではない真剣なパートナーに出会いたい。そんな人にどこで出会えばいいのか分からない。

出会っても相手の気持ちが分からない。そんな人の悩みを解決するための情報をまとめています。

真剣に付き合えるパートナーを探している人のためのサイトです。

婚活力向上navi HOME

5分で分かる神々の物語

出会いをつくる
婚活・恋活サイトの選び方
婚活パーティ攻略法
合コンで出会う
趣味・習い事で出会う
地域別出会い情報
地域別街コン情報
婚活神頼み!
5分で分かる神々の物語
神様のご紹介
神社参拝の基本
縁結び神社一覧
婚活トラブル対策
クーリングオフについて
結婚詐欺
ストーカー問題

5分で分かる神々の物語〜日本神話入門〜

日本神話

日本神話の概説です。日本神話は古事記・日本書紀で若干の違いがありますが、ここでは古事記に基づいて書いています。

<第一章>―国生み〜ヤマタノオロチ退治―

その昔、まだ世界が混沌とした状態であったとき、天と地が分かれ、天は高天原(たかまのはら)と呼ばれ、神々が住むところとされました。その後、神々が次々誕生していきました。

そして、国生みの使命を帯びた二神、イザナギ・イザナミが生まれたのでした。

二神は結婚し、日本列島をはじめ、多くの神々を生み出していきました。そして、火の神を産んだとき、イザナミは焼死してしまいました。

イザナミに会いに黄泉の国にいったイザナギでしたが、死人となったイザナミの醜く恐ろしい姿を見て逃げ帰ります。そして、黄泉の国の入り口を巨石でふさぎました。

怒り狂い後を追ってきたイザナミは、巨石の向こうからイザナギに言いました。

「これからそなたの国のものを一日に1000人殺そう」

「それなら一日に1500人のものを生み出そう」

イザナギは言い返しました。これが二神の最後の言葉となりました。

黄泉の国から帰ったイザナギは、黄泉のケガレを祓うため、海で顔を洗いました。その時、左目からアマテラス大神、右目からツクヨミ命、鼻からスサノオ命が生まれました。

末っ子のスサノオ命は、海の国を支配せよとイザナギから言われていましたが、大人になっても海の国を支配するどころか、「母に会いたい」といつも泣き喚いていました。

しびれをきらしたイザナギに追い出され、母のいる根之堅須国(ねのかたすのくに)に行こうとしたスサノオ命でしたが、その前に高天原にいる姉、アマテラス大神に挨拶に行きました。

しかし、アマテラス大神はスサノオ命が侵略しにきたと思い込み武装して待ち構えていました。

スサノオ命は疑いを晴らすため誓約(うけい:占いのこと)を行い、見事神を生み出し身の潔白を証明したのです。

しかし、潔白が証明されたからといって図に乗ってしまい、ついにアマテラス大神は怒り「天の岩屋」に隠れて出てこなくなってしまいました。

太陽神であるアマテラス大神が岩屋に閉じこもったことで、世界は闇となり悪霊がはびこりました。

事態を解決するため神々は岩屋の前で宴会を行いました。アメノウズメ命が乳房をさらして踊り、観衆が盛り上がると、興味をもったアマテラス大神は岩屋から出てきて、ようやく世界に光が戻ったのでした。

「天の岩屋」の一件の責任を取らされ、高天原を追放されたスサノオ命は、出雲の国でクシナダ姫とその両親に出会いました。

聞くと、ヤマタノオロチという八本首のヘビの怪物が現れ、クシナダ姫はもうすぐ食い殺されてしまうだろうということでした。

クシナダ姫に一目惚れしたスサノオ命は、クシナダ姫との結婚を条件にヤマタノオロチ退治を請け負いました。

大量の酒を用意しヤマタノオロチを泥酔させ、眠り込んでいるすきに、一本一本首を切り落とし、スサノオ命はヤマタノオロチ退治に成功したのでした。そしてクシナダ姫と結ばれました。

<第二章>―オオクニヌシ神〜天孫降臨―

スサノオ命から数えて6代目の子孫であるオオクニヌシ神は、いつも意地の悪い異母兄たちにいじめられていました。

ある日、異母兄たちは因幡の国の話題の美女であるヤガミ姫を見に行くため、オオクニヌシ神に荷物を持たせ、さっさと先に行ってしまいました。

すると、皮をはがれた白いウサギが苦しんでいました。聞くとサメをだまして海を渡りましたが、気づかれて皮をはがれてしまったのだそうです。

異母兄たちがウソの治療法を教えたことでウサギはさらに苦しみました。そこへ、遅れてやってきたオオクニヌシ神が、正しい治療法を教えるとウサギは元気になりました。

異母兄たちがヤガミ姫の元へたどり着くや否やヤガミ姫は言いました。

「私はオオクニヌシ神様と結婚します」

これを聞いて怒り狂った異母兄たちは、熱した巨石や大木を使い、2度、オオクニヌシ神を殺してしまいました。

母神やカミムスヒ神のおかげで復活したオオクニヌシ神は、異母兄たちから逃れるため、スサノオ命の住む根之堅須国へと逃げていきました。

ここで、スサノオ命の娘のスセリ姫に出会いお互いに一目惚れしました。

スサノオ命は、無数のヘビがいる部屋やムカデが這い、ハチが飛び回る部屋でオオクニヌシ神を寝かしたり、オオクニヌシ神のまわりの草原に火を放ったりしましたが、その都度スセリ姫などの助けで生き延びました。

最後は、スサノオ命が眠っている隙にスサノオ命を柱に縛りスセリ姫と共に逃げ出しました。もっともこの時にはすでに、スサノオ命はオオクニヌシ神を自分の娘の夫として認めてくれていました。

スサノオ命から奪った剣と弓矢で異母兄たちを懲らしめたオオクニヌシ神は、葦原の中つ国(地上世界)の神となりました。

その後、日本中に医療技術や農業技術を伝えてまわり、国を作り上げていきました。

ところが、オオクニヌシ神はスサノオ命の子孫であったため、アマテラス大神が許しませんでした。

アマテラス大神は地上を支配するため、数名の使者を派遣しましたが失敗に終わりました。しかし最後に送り込まれたタケミカヅチ神が遂にオオクニヌシ神から国譲りの約束を取り付けたのでした。

国を譲る代わりに大きな神殿を建ててほしいというオオクニヌシ神の願いが聞き入れられ、後に出雲大社と呼ばれる神殿が建てられ、オオクニヌシ神はそこに隠居することになりました。

話がまとまったので、アマテラス大神は孫のニニギ尊を地上へ派遣しました。以後は、天孫族が天上界も地上界も支配することになったのです。

ニニギ尊が降臨してしばらくしたのち、ニニギ尊は美しい少女、コノハナサクヤ姫に出会い一目惚れします。

すぐさまコノハナサクヤ姫の父に結婚を申し込むと、姉のイワナガ姫も一緒にどうかと提案されました。

しかし、美しいコノハナサクヤ姫と比べて、姉のイワナガ姫はひどい容姿だったので、この提案を断り、コノハナサクヤ姫とだけ結婚しました。

実はコノハナサクヤ姫は美しさと華やかさの象徴であり、イワナガ姫は永久不滅の象徴でした。ニニギ尊がコノハナサクヤ姫だけを選んだため、人間の一生は華やかで短いものとなったと言います。

結婚したコノハナサクヤ姫でしたが、たった一回の契りで妊娠してしまったため、ニニギ尊に貞操を疑われてしまいました。

「あなたの子供なら神の血が入っているはず」

そう言うとコノハナサクヤ姫は、産屋に閉じこもり火を放ち、炎の中で無事3人の子を出産し疑いを晴らしたのでした。

ニニギ尊とコノハナサクヤ姫の息子であるヤマサチヒコは、ある日兄から借りた釣り針を海に落としてしまいました。

その針を探しに海の神の神殿を訪れたとき、海の神の娘トヨタマ姫と出会い結婚しました。。

3年ほど海の神の神殿で暮らしましたが、その後地上へと戻りました。

トヨタマ姫も出産のために地上へ来ましたが、

「出産する姿は決して見てはいけません」

と言いました。

しかし、ついつい気になりヤマサチヒコが除いてしまうと、そこにいたのは美しいトヨタマ姫ではなく、巨大なサメでした。海の国の住人であるトヨタマ姫はサメの化身だったのです。

姿を見られたものは海の国へ帰らなければならない決まりだったので、トヨタマ姫は帰っていきました。

そして、子供の乳母として妹のタマヨリ姫がやってきました。

タマヨリ姫は、姉の子、ウガヤフキアエズ命を育てあげ、彼が成長すると彼と結婚しました。

タマヨリ姫とウガヤフキアエズ命の間の子が、初代天皇である神武天皇となり、その後人間の歴史へとつながっていくのです。



トップ